ル・クルーゼを選ぶには、理由があります

小山薫堂 放送作家 脚本家 小山薫堂 放送作家 脚本家

気がついたら既にル・クルーゼを使っていました。最初はココット・ロンドとオーバルだったかな?白米を炊いたら、すごく美味しく炊けて、煮物料理がヘタな腕でも美味しくできて、見た目も使い心地もいいなぁと。“一生ものになる鍋”だなと思いました。

世界中でル・クルーゼの鍋はそこでしか作られていない。そのことに感激しました。炉で鉄を溶かすところは火傷しそうに熱く、男っぽい世界でした。ホーローのコーティングや色の開発も職人さんの技術が込められ、ものすごく血の通った商品だなと感じました。

鋳物の製造工程はもちろん、色の管理・エナメルの吹き付け、工程ごとの検査…、僕たちが気づかないレベルでプロフェッショナルな職人さんたちが大勢携わっている。誇りを持って、一つひとつの鍋に向き合っている。ル・クルーゼには“高い鍋”というイメージがありますが、工場へ行かせてもらって、ここまでこだわって職人さんが関わっているのを見て、むしろ安く感じましたね。

フランスの工場で、小山さんがエナメルコーティングの体験をした「ココット・ロンド」。

小山薫堂 放送作家 脚本家

モデルチェンジするときは大胆に変えようとしがち。ル・クルーゼの新作である「シグニチャーモデル」を見ると、良いところを守りながら改良している。そこに凄さがあります。今まで愛用していた方に、自分の持っているものを古く感じさせず、でも進化させている。90年以上も続いて来たブランドの揺らぎのないアイデンティティが見えます。

ル・クルーゼは、ともに物語を作ることができる鍋だと思います。いいものと人生を過ごすことは大切。それも、できるだけ長く過ごす方がいい。短いのは、もったいない。3年使って受け継ぐよりも、30年使って受け継ぐ方がストーリーの深さが違うし、かっこいい。だから、ル・クルーゼの鍋は、ぜひ、若い時から使ってほしいと思いますね。

小山薫堂 放送作家 脚本家

小山薫堂放送作家 脚本家

放送作家、脚本家。日本大学芸術学部在籍中から活動を開始。代表作に「料理の鉄人」等。脚本を手がけた「おくりびと」は第81回アカデミー賞外国語映画賞、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。

栗原はるみ 料理家 栗原はるみ 料理家

ル・クルーゼの鍋は、重いからお米も美味しく炊けるし、煮込み料理も上手にできる。重いことがいいんです。このブルーの「ココット・ロンド」は、最初のレシピ本を出版する以前から愛用しています。夫から教えてもらったシチューを、この鍋で何度も何度も作って、シチューのレシピができました。

和食も洋食も中華も、スープを丁寧に作ることから始まるのだと思います。ル・クルーゼの鍋は内側が白いので、スープが途中で色が変わるのを楽しみながら作ることができます。いいスープは出汁となって料理を美味しくしてくれるし、味覚も育ててくれる。料理作りが楽しくなりますよ。美味しくできると料理がますます楽しくなって味の違いもわかるようになります。

私は「マルミット」を使って“こねないパン”を作りつづけています。パンってこねずにできるの?と言われながら270回試作して、もうすぐ300回になります。不思議なことに、100回目を超えたあたりから、安定して美味しくできるようになってきました。キッチンに発酵菌が住んでくれているのかしら(笑)。パン作りが苦手な人でも絶対に焼ける“こねないパン”。底が丸い「マルミット」なら上手にできます。

底の丸みが“こねないパン”を焼き上げるのにぴったりの「マルミット」。

栗原はるみ 料理家

ル・クルーゼといえば、カラーですよね。私はブルーが大好き。料理を作る時には「こうしたら美味しくなるかも」と頭で思い描いてから作ってみましょう。食べてもらって、美味しいと褒められれば、それが家族の定番メニューになっていきます。それをひとつずつ、くり返していくうちに、どんどん料理の幅が広がります。まずは自分の色と使いやすい鍋をひとつ持ってみることから始めましょう。好きな鍋なら大切にするし、丁寧に作るようになるものです。

栗原はるみ 料理家

栗原はるみ料理家

家庭料理を中心としたアイデアあふれるレシピで、年代を問わず幅広い層から支持されている。著書発行部数は2600万部を超え、今秋、パーソナルマガジン「haru_mi」(扶桑社刊)が20年を迎えた。

谷昇 ル・マンジュ・トゥー オーナー・シェフ 谷昇 ル・マンジュ・トゥー オーナー・シェフ

フランス人シェフの元で働いていたときに初めて見たのがル・クルーゼ。単なる鍋ではなく、フランスへの憧れ、想い、フランス料理への熱意、食文化、それらすべてがカタチになって表われたもの。それこそがル・クルーゼなんです。

ル・クルーゼの「ソースパン」でグッと煮つめると、ソースがうまくなる。フォアグラのテリーヌは「テリーヌ・レクタ」で。同じサイズやカタチの調理器具でも作れるけれど、味がまるでちがう。でも、味だけでなくル・クルーゼで調理しているということが大事。料理への想いが込められ、特別な一品になります。だから、大切に使いたい。使ったあと保管する方法も、僕はうるさいですよ(笑)。

ル・クルーゼの小さな鍋を、お客様の前に出す。内圧がかかっていて、フタを開けたとたんに湯気とともに良い香りが飛び出す。そのときフタをずらす方向を計算して、お客様にいちばんいい香りが届くようにする。食べていただく前から、お客様の目が輝く。うれしい瞬間です。レストランで美味しい料理が出るなんて当たり前。「本当に楽しい食事だった」と、心に残るひとときをお届けすることが大切。素敵な人とテーブルをともに楽しむ。フランス料理の奥深くにある、文化のようなものをル・クルーゼはいつでも思い出させてくれます。料理は総合力。道具を選ぶときから、使うとき、そしてサーブするところまで、全てのプロセスが大事なんです。

「新しいね。これでどんな料理を作ろうかな」。新作「シグニチャー」を見て料理を想像するシェフ。

谷昇 ル・マンジュ・トゥー オーナー・シェフ

娘に子どもが生まれて離乳食をル・クルーゼで作っています。ふだんの料理もル・クルーゼ。他にいくつも鍋はあるのにね。僕は家では料理をしませんが、妻や娘がル・クルーゼを使っているのを見れば、丁寧に料理を作ることや伝えていくことの大切さ、これらを自然と分かってくれているんだなぁと安心します。いつかきっと孫もル・クルーゼで料理するはず。もう、そんなシーンをイメージできちゃいますよ(笑)。

谷昇 ル・マンジュ・トゥー オーナー・シェフ

谷昇ル・マンジュ・トゥー オーナー・シェフ

1976年と1989年に渡仏。アルザスの3つ星「クロコディル」2つ星「シリンガー」などで修業。1994年に「ル・マンジュ・トゥー」をオープン。ミシュランガイド東京で9年連続の2つ星を獲得。

塩田ノア 料理研究家 塩田ノア 料理研究家

母はもともと綺麗なもの、お洒落なものが好きな人で、どこかのフランス展で見つけて買ってきたのが、私のル・クルーゼとの出会いです。

イタリアやフランスでの暮らしから、煮込む料理が得意です。肉を煮る鍋、野菜を煮る鍋と分けておくといいですよ。たっぷり作っておいて、今日は肉を多めに、今日は野菜を多めにと、その日の気分や体調に心配りして盛り分ければいいので。

長く愛用しているル・クルーゼを見ると「これで母がシチューを作ってくれたなぁ」と思い出します。いま私が作る煮込み料理は、母のシチューとは違っていますけど、当時のキッチンや食事風景が浮かびます。あのとき、あんなことがあったなぁとか、お鍋を使いながら心が温かくなります。

食材を並べて煮込んで、そのままテーブルへ。鍋が浅いからお肉や野菜も美味しそうに見える「ビュッフェ・キャセロール」。

塩田ノア 料理研究家

年齢とともに料理も、いただく量も変わります。最近、22cmの「ビュッフェ・キャセロール」を買いました。今の私たちにはちょうど良い。いよいよ使わなくなったら、誰かに譲ります。使うほどに良さが分かるのがル・クルーゼ。大切にすれば本当に長持ちしてくれます。そして、いつか次の人へ譲ることを考えれば、普段からちょっと丁寧に扱ったり、きちんと洗って乾かしたりしますよね。料理の先輩として、ル・クルーゼでつくる美味しさとともにお鍋を渡せるなんて素敵じゃないですか?鍋の“行き先”“嫁ぎ先”を考えてあげるんですよ。ル・クルーゼは、そういう風に使ってほしいですね。

年齢を重ねて気づいたことは、数や量を追うよりも、大切にできるものをいくつか持っておくこと。ル・クルーゼは、間違いなくその中に入る鍋。シンプルに、ほどよく、楽しく暮らせば、幸福度もあがります。

塩田ノア 料理研究家

塩田ノア料理研究家

シンプルでおしゃれな普段のおかずが人気。10年の銀行勤務の後にイタリアへ渡り、語学と料理を学ぶ。1995年より料理家として仕事を始め、2004年からパリで暮らし、フランスと日本で料理教室を開催。

戻る

ページトップへ